WEBアプリケーション研究室 開発ノート TOP

WEBアプリケーション研究室 開発ノート [iPhone開発]UIImageのimageNamedについて

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、iPhoneアプリ開発の勉強をしてます。ちょこちょこ書くかもしれません。

UIImageのimageNamedというメッセージでちょっとはまったので書いておきます。
UIImageのimageNamedはMainBandleからファイル名で簡単に画像をロードできます。


UIImageView *image = [UIImageView imageNamed: @"image.png"];
このメソッドは読み込んだ画像をパスをキーにしてキャッシュします。なのでreleaseして再度同じ画像を読み込もうとするとクラッシュします。また、アプリ内で何度も使う画像を読むのには向いていますが、サムネイル表示のような、一時的に使う画像を大量に扱うのには向いていません。そのときは

NSString *path= [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"star" ofType:@"png"];
UIImage *image= [[UIImage alloc] initWithContentsOfFile:path];
cell.thumb.image = image;
[image release];
このように生成します。
URLからUIImageを生成するときは一旦NSDataを作ります

NSString *path = @"http://画像のURL";
NSURL *url = [[NSURL alloc] initWithString:path];
NSData *data = [[NSData alloc] initWithContentsOfURL:url];
UIImage *image = [[UIImage alloc] initWithData: data];
cell.thumb.image = image;
[url release];
[data release];
[image release];
スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。