WEBアプリケーション研究室 開発ノート TOP

WEBアプリケーション研究室 開発ノート [iPhone開発]非同期並列処理

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば同時にいくつかHTTPリクエストを投げて一気に画像をとってくる等、非同期通信を使うといい時がありますが、簡単にできるようクラスが用意されてます。同時リクエスト数を簡単に制御できたりもします。Cocoaってすごいフレームワークだなあ(みつを風に)
その名もNSOperationです。


#import "MyOperation.h"
@implementation MyOperation
@synthesize number;
- (void)start
{
NSLog(@"(%@) start");
[super start];
}
- (void)main
{
[NSThread sleepForTimeInterval:0.4];
NSLog(@"(%@) end main");
}
- (void)cancel
{
NSLog(@"(%@) cancel");
[super cancel];
}
-(void) dealloc
{
[name release];
[super dealloc];
}
@end
クライアントではNSOperationQueueにNSOperationをaddOperationしてつかいます。KVCのaddObserverを使ってisFinishedを監視すると終了時に処理をすることが簡単にできます。

NSOperationQueue *queue = [[NSOperationQueue alloc] init];

MyOperation *mo = [[MyOperation alloc]init];
[mo addObserver:self
forKeyPath:@"isFinished"
options:NSKeyValueObservingOptionNew
context:queue//前リクエストの終了を待ってqueueをreleaseするために渡してみました。
];
[queue addOperation:mo];

//同じクラスのメソッド
- (void)observeValueForKeyPath:(NSString*)keyPath ofObject:(id)object
change:(NSDictionary*)change context:(void*)context
{
NSLog(@"finish");
// キー値監視を解除する
MyOperation *mo = (MyOperation *) object;
[(NSOperationQueue *)context release];
[mo removeObserver:self forKeyPath:keyPath];
[mo release];
}
HTTPリクエストを使う場合はもうちょっと複雑です。NSOperationはデフォルトではmain関数の終了時にisFinishedがYESになります。ところが、HTTPリクエスト自体が非同期通信でdelegateを使うため、通信終了のdelegateで独自にisFinishedを更新してやらないとだめです。

- (id)initWithRequest: (NSURLRequest*)request
{
self = [super init];

if (self)
{
urlRequest = [request retain];
isFinished = NO;
isExecuting = NO;
isYes = [[NSNumber alloc] initWithBool:YES];
isNo = [[NSNumber alloc] initWithBool:NO];
}
return self;
}

- (BOOL)isConcurrent
{
return YES;
}

- (BOOL)isExecuting
{
return isExecuting;
}

- (BOOL)isFinished
{
return isFinished;
}

#pragma mark -- Operating --
//-------------------------------------------------------------------------------------//

- (void)start
{
// ダウンロードを開始する
if (![self isCancelled])
{
// コネクションを作成する
urlConnection = [[NSURLConnection alloc] initWithRequest:urlRequest delegate:self];
[self setValue:isYes forKey:@"isExecuting"];
}
//[super start];これを呼び出してしまうと、main関数まで行って通信終了前にisFinishedがYESになってしまいます。
}

- (void)cancel
{
[urlConnection cancel];
// 親クラスのメソッドを呼び出す
[super cancel];
}
#pragma mark -- NSURLConnection delegate --

- (void)connection:(NSURLConnection*)connection
didReceiveData:(NSData*)data
{
// データを追加する
}

- (void)connectionDidFinishLoading:(NSURLConnection*)connection
{
// データを追加する
// 終了処理
[self setValue:isNo forKey:@"isExecuting"];
[self setValue:isYes forKey:@"isFinished"];
}

- (void)connection:(NSURLConnection*)connection
didFailWithError:(NSError*)error
{
//エラー時の処理
}
(抜粋してるのでrelease処理なんか書いてません)もう一点重要なのが

- (BOOL)isConcurrent
{
return YES;
}
です。これは並列処理をするかしないかのBOOL値でデフォルトはNOを返すのですが、非同期通信のNSURLConnectionを使う時は、YESを返すようにオーバーライドしないと、autorelease関係のエラーが出ます。

autoreleased with no pool in place - just leaking
こんなのがいっぱい出ます。これで、土曜日の半日がなくなりました・・・
スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。