WEBアプリケーション研究室 開発ノート TOP

WEBアプリケーション研究室 開発ノート [iPhone開発]TabBarApplicationの作り方

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TabBarアプリケーションですが何回か作っているうちにわかってきました。本当はXCodeにテンプレートがあって簡単に作れるのですが、詳細を理解するため一から作ってます。

まずApplicationのデリゲートにUITabBarControllerのポインタを持たせます。これは起動時にwindowにUITabBarControllerを突っ込むために使います。IB(InterfaceBuilder)でUITabBarControllerをこの変数に接続し、Appのデリゲートで


- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application
{
[window addSubview:tabBarController.view];
[window makeKeyAndVisible];
}
こんな感じです。

で、IBでUITabBarControllerに必要なViewControllerを足していけば、とりあえず切り替えだけは動きます。まず新しいViewControllerを作るときの手順ですが。

1 ClassesにUIViewControllerの子クラスを作ります。
2 Resourcesにnibを作ります。
3 作ったnibをIBで開いてFiles Ownerのクラスを作成したクラスに変えます。
4 Files Ownerのviewプロパティとviewを接続します。

これでViewの準備は完了。これをUITabBarControllerに入れていきます。

1 MainWindow.xibをIBで開いてUITabBarControllerを選択します。
2 Attributesを開いてViewControllerを+します
3 UITabBarControllerの中にVIewControllerができますので選択し、AttributesでNIB Nameを先ほどのnibに変更します。
4 Identityタブに変えclassを先ほど作ったViewControllerに変更

以上でOKです。最初ややこしいと思いましたが、全体像がわかるとなんてことないです。一から手作業は多少面倒ですけど。
スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。