WEBアプリケーション研究室 開発ノート TOP

WEBアプリケーション研究室 開発ノート [symfony] Peerクラスで扱うカラム名について

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

Peerクラスでは以下の4つの形でカラム名がしまわれている。


/**
* phpname type
* e.g. 'AuthorId'
*/
const TYPE_PHPNAME = 'phpName';

/**
* column (peer) name type
* e.g. 'book.AUTHOR_ID'
*/
const TYPE_COLNAME = 'colName';

/**
* column fieldname type
* e.g. 'author_id'
*/
const TYPE_FIELDNAME = 'fieldName';

/**
* num type
* simply the numerical array index, e.g. 4
*/
const TYPE_NUM = 'num';


またお互いの変換をPeer::translateFieldnameというメソッドで出来るようになっている。
動的に呼び出すメソッドを変えなきゃいけないシチュエーションで使えます。


$field_name = 'user_name';
$php_name = SamplePeer::translateFieldname(
$field_name,
BasePeer::TYPE_FIELDNAME,
BasePeer::TYPE_PHPNAME
);


[symfony 1.1.5]
スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。